Tris-Glycine系のタンパク泳動やトランスファーバッファーに使用する。

最終濃度
Tris-base    25 mM
Glycine     192 mM
Methanol   20 % (v/v)

調整方法その1
10X Tris Glycine buffer   100 ml
Methanol                       200 ml
dH2O                            700 ml

調整方法その2
Tris base           3.03 g
Glycine             14.4 g
dH2O                500 ml
Methanol           200 ml
dH2Oで1Lにメスアップ。

pHは8.1~8.5くらいになるはずです。

備考
Tris-base
分子量 121.13
C4H11NO3

Glycine
分子量 75.07
C2H5NO2

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。