β-ガラクトシダーゼの発現誘導に用いる。

最終濃度
・IPTG                           0.1 M

調整方法
・IPTG                           0.1 gram
・H2O                            4.2 ml
ろか滅菌後小分けして、-20度で保存。

備考
isopropyl 1-thio-β-D-galactoside
分子量  238.3

培地に加える場合は1,000倍希釈で、
プレートに後から加える場合は50μl程度を使用する。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。