TrisとNaClからなる緩衝液で、PBSが使えない実験で用いられる。
通常ウエスタンブロット、ELISA等、免疫学的な実験において多用される。
以下では最も簡単な作成方法を示す。

最終濃度
Tris               50 mM
NaCl             150 mM

調整方法
Tris-base         6 gram
NaCl            8.78 gram
HClで、pHを7.6に調節。
H2Oで、1Lにメスアップ。
オートクレーブ後、室温保存。

備考
TBSの組成には様々なものがある。
Trisは生理的なpH濃度(弱アルカリ)を、NaClは生理的な等張性をもたらす。
Tris濃度は、10〜100mM、pHは、7.4〜8.0で用いられる。
上記TBSに、0.05% Tween20を加えたもの(TBS-Tw)は、ウエスタンブロッティング、
ELISA等の、洗浄液としてよく用いられる。

 

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4 votes, average: 2.75 out of 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。