細胞生物学実験等、細胞を扱う実験で汎用される緩衝液。
等張かつ無毒であるため、細胞の洗浄や懸濁、細胞染色等に用いられる。
以下ではいわゆる、1X PBS(-)液の作成方法を示す。

最終濃度
NaCl                   137 mM
KCl                    2.7 mM
Na2HPO4                10 mM
KH2PO4                 1.8 mM

調整方法
NaCl                   8.0 gram
KCl                     0.2 gram
Na2HPO4                1.44 gram
KH2PO4                    0.24 gram
HClで、pHを7.4に調節。
H2Oで、1Lにメスアップ。
オートクレーブ後、室温保存。

備考
10倍濃度のストック液(10X PBS)を作成し、使用前に水で薄めて使うと便利。
その場合、希釈後にpHを調整すること。
1X PBS(-)に、0.5 mM MgCl2, 1 mM CaCl2を加えたものが、PBS(+)である。

 

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。