DNAポリアクリルアミド電気泳動用の泳動バッファー。
通常5Xストック溶液を作成し、水で希釈して使用する。

最終濃度(5X TBE)
Tris                            445 mM
Boric acid                       445 mM
EDTA (pH 8.0)                10 mM

調整方法 (5X TBE)
Tris-base                          54 g
Boric acid                         27.5 g
0.5M EDTA (pH 8.0)          20 ml
H2O                               1 L にメスアップ
オートクレーブ後、室温にて保存。

備考
H2Oで、5倍に希釈して使用(1X TBE)。
1X TBEを、ポリアクリルアミドゲルの作成と、泳動バッファーに用いる。
0.5X TBEを、アガロースゲル電気泳動に使うことも可能。
基本的には何度か使い回しをしても問題ないが、
ゲルからバンドの切り出しを行なう時は、新しい泳動バッファーを使うほうが良い。

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (No Ratings Yet)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。