生化学実験、分子生物学実験によく用いられる緩衝液。
1Mのストック溶液を作っておき、適宜希釈して、TE, TBS等の作成に用いる。
pHは、7.4, 7.6, 8.0がよく用いられる。

最終濃度
Tris-base (pH 7.4 – 8.0)           1 M

調整方法
Tris-base                          121.1 g
H2O                                    800 ml
濃塩酸により、pHを調整(以下を参照、量はおおよそ)
pH 7.4   70 ml
pH 7.6   60 ml
pH 8.0   42 ml
pH調整後、Waterで1Lにメスアップ。オートクレーブ滅菌後、室温保存。

備考
Tris-base
分子量 121.13
C4H11NO3

 

 

みんなの評価 
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2 votes, average: 5.00 out of 5)
Loading...
※5段階の簡単評価です。★を選択することで誰でも簡単に評価できます。皆さんのご評価をお願いいたします。